カテゴリ:触( 99 )

新しい時代をいく

d0166197_20461083.jpg


山梨県早川町。南アルプスの麓にある「日本一人口の少ない町」です。
2006年〜2010年までの約4年間、私はここに暮らし、地域づくりのNPOに勤めていました。

そんな早川町を約4年ぶりに訪問。元同僚の結婚式でした。
今回結婚した二人は、早川町の中でも一番奥の集落に暮らすことを決め、結婚式もその集落で。

南アルプスの登山口にあり、日常の買い物に1時間はかかるし、他の住人はほとんどお年寄り、温泉があり観光客の往来があるとはいえ、決して楽に暮らせる場所ではありません。

山と共に生き、山の暮らしを守ってきた集落の人達に惚れ込んだ二人は、ごく自然にここに住むことを決めたそう。お互いを信じ合って尊敬し合って、新たな道を歩き始める姿は、眩しくも頼もしくもありました。

なんだか新しい時代を見せてもらった気がした。東京生まれ東京育ちで、ごく普通の(と言ったら語弊があるかな)、例えば東京のウォーターフロントで高層マンションに住んでいたとしても違和感のない二人。そんな二人が、秘境とも呼ばれる場所で暮らすことをいとも簡単に(実際は簡単ではないのかも)実現してみせてくれた。今までは考えられなかったことのように思う。時代は変わっているのだ。しかも良い方向に。暗い話題も多いけど、ずいぶんと励まされたなぁ。

改めて、本当におめでとう。
ゆるりとさらりと日々を楽しく過ごしていってくれたら、私もとっても嬉しいです。決して気負うことなくね。

同窓会のように久しぶりの会いたかった面々との再会も楽しかった〜。良い機会をありがとう。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by t_hira16 | 2016-11-12 21:11 |

ゆっくりと走ることにします

d0166197_23570655.jpg
引っ越してきて、もうすぐ1年が経とうとしている。
突っ走ってきたこの1年。

自宅で「森のようちえん」を始め、第2子を出産し、色んなイベントを開催し、
新しく仕事も始まり(と言っても月に数日)、アート展の出展もあり、
日々めまぐるしく過ぎていった。

というわけで、ただ今、少し休憩中。

赤ちゃんの成長も、赤ちゃんとの濃密な時間も、もう少しちゃんと味わいたくて。
自分の時間と赤ちゃんとの時間。

会いたい人に会いに行こうとも思ってたけど、結局ほとんど家にいる。
居心地いいのよねー。

(1年経ってもまだまだ片付け中だからでもある。笑)

今後、どうするか考え中。
色々楽しい妄想ばかり膨らみ中。

思えば、
この家に引っ越してきてから、夫婦喧嘩と言うか夫に喧嘩を売ることが減った気がする。
この家に住むことで、やりたいと思ってたことがいくつも実現したからかな。
自分自身の楽しいが増えたからかな。
仲間が集える場所となって、みんなに助けられたからかな。

自分のアイデンティティーを取り戻したような。そんな感じ。

ありがたやー。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


[PR]
by t_hira16 | 2016-09-21 00:14 |

小さくて、儚くて、良い香り

d0166197_14171218.jpg年末年始は、病院にいました。
退院した1月3日は、とても暖かく、コートも要らないほど。
留守を守ってくれた父子と、まさか入院に重なるとは思わず、お正月に遊びに来てくれた友達家族が迎えてくれた、とても清々しい久しぶりの外の空気でした。

そんなこんなで、全然、年末年始感のないまま、今年が1ヶ月過ぎようとしています。

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

なんで入院していたかというと、、、

出産でした!

我が家に男の子の赤ちゃんがやってきてくれました。
小さくて、儚くて、良い香りで、家族みんなメロメロ。久しぶりの新生児、可愛いです。。。

今回の出産は破水から。でも全然破水とは気付かず、「今日は、水分多めにとったから、尿漏れかなぁ」くらいに思ってました。夜10時頃、さすがにおかしいと検索したら、寝ても出るようだったら破水、と書いてあったので、とりあえず寝てみた私。
夜中、忘年会から帰ってきた夫の音に起きて、破水のような気がすると、ようやく病院に。

夫と上の息子(2歳)の立ち会いのもと、無事に生まれました。
2歳の息子の立ち会いは迷ったんだけど、夫が「え?!家族みんなで迎えたいじゃん!」と、拍子抜けするくらい軽く言ってくれたので、それもそうかと。
2歳の息子は、途中飽きて公園に遊びに行ったりしつつ、痛がる私が不思議で「なんで?なんで痛いの?」とずーっと夫に言っていて、それに根気強く何回でもちゃんと答えていた夫をえらいなぁと思うくらいには、私にも余裕があったんだなぁ。

最後は、2歳の息子がウィダー◯ンゼリーを飲ませてくれ、ウーン!といきんだら、ポーンと生まれてきました。(新月か満月に生まれてくるだろうと思っていた赤ちゃんは、夫の仕事納めの日=夫の冬休みが始まる日、私達大人の一番都合の良い時に生まれてきた空気の読める子です。笑)

出てこようとしている赤ちゃんの頭を触ったり、出てきた胎盤を見せてもらったりの「おもしろい」もありつつ、いやぁ〜痛かった!!終わってほっとした!!

私達夫婦にとっては、3人目の息子です。
1人目の息子は、妊娠36週でお腹の中で亡くなり、今は神様となって、私達家族を守ってくれてます。

今回、無事に生まれてくれたことに、ただただ感謝。楽しい毎日を一緒に作っていこうね。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

[PR]
by t_hira16 | 2016-01-29 15:50 |

森のようちえんを始めようと思います

d0166197_1043258.jpg無事に引っ越しました。

引っ越しの理由は、もちろん自分が地に足つけた暮らしがしたいというのがあったけど、このタイミングだったのは、子どもを自然の中で、地域社会の中で育てたいというのが大きかった。だから、子どもが小さい内にと、急いだのです。

2年半の母親生活が過ぎ、思ったこと。子どもは1人では育てられない。夫と2人でも無理。近くに家族が大勢いるか、仲間がたくさんいるか、近所付き合いが盛んか。
子育ての場が開かれれば開かれるほど、お母さんは(お父さんも)楽しく子どもと向き合えると思うのです。お母さん・お父さんが楽しいというのが、何よりも子どもに良い影響だと信じてます。

引っ越す前、私も近くの児童館に通ったし、市が週に1回2時間無料で預かってくれる託児も毎週のように利用したし、月に1度の親子外遊びサークルにも参加し、毎週火曜日の外遊びの日も続けてきたし、自主保育に参加したこともあるし、気の合う友達ともよく会うし、2歳近くなってからは週に2回の保育園にも行かせてる。遠くに住む母親にSOS出して来てもらったことまである。自分1人で抱えない状況を作ろうとしている方だと思う。

でも、すでに用意されてる場は、何かしっくりこない。
児童館は自分が楽しめない。しっくりくる親子外遊びサークルは月に1度しかない。毎週火曜日の外遊びの日も、雨や寒さには勝てず、尻すぼみ。
託児も保育園も行かせたいところがない。行かせたいところは、年齢があっていないか、ものすごく高いか。

d0166197_1042487.jpgもっと自由で、子どももお母さんも、子育ての渦中にいない人も、色んな人が出入りできて、自然に触れられて、ゆるい地域とのつながりもあって、楽しいことどんどんやれて、、、という理想がむくむく。
それで、ありがたいことにこのタイミングで引越しができた。同じような思いの仲間も増えてきた。新しい家の周りには自然がいっぱい。仲間の中には、保育士さんまでいる。
あー、もうこれは自分で自宅で、自分の思うような保育の場を作れということではないか!と、多少の思い込みと共に、自宅で「森のようちえん」を始めることにします。

森のようちえんとは→こちら


初めて森のようちえんという言葉を聞いたのは20代後半。その時は、子どもに全く興味がなかったし、結婚願望すらなかった。自分に将来子どもがいることなんて、想像もできなかったのだけど、なぜだかすごくいい!と思いました。
その後、月日は流れ、想像できなかった母にならせていただき、また森のようちえんへの思いが。森のようちえんに通っている友達に、「徳島には森のようちえんないんよねー。」なんて話したら、「いつか自分でやってそうだよね。ははは。」と言われた。その時は、「いやー、自分でやる程の情熱はないなー。ははは。」と笑ったんだけど、もうしょうがない。
ないものは作るしかない。環境も整ってしまったのだから、觀念しよう。というか、もうやるしかないではないか!やりたい!と思いまして。。。

来年春〜秋に本格スタートを目指して、とりあえず週に1回の「森のようちえん」的、親子の集まりを始めます。

※本格スタートとは、毎日開いていて、親子での参加も、子どもだけ預けることもできる場のことです。
保育園になるのか、託児所になるのか、親子サークルになるのか、呼び方はわかりませんが、森のようちえん的な親子の集まり+預かりの場にしたいと思ってます。お母さんだって、子どもと外遊びしたい日もあれば、子どもは預けて、友達とのんびりランチしたい日もある。1人になったり、仕事したり。どれも大事な時間ですから。

色んな人が関わってくれることで、とても面白い楽しい場になりそうな予感です。
興味のある方は、下記リンクから詳細をご覧ください。

お山のおうち ー森のようちえん in 徳島(プレ)ー

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by t_hira16 | 2015-10-22 22:39 |

「ひめはる」という名前も良い

d0166197_0105172.jpg6月のこと。ひょんな事から実家へ。

実家にいる間、母校の小学校で「ほたる祭り」なるものがあると聞きつけ、遊びに行ってみました。

私の実家は、本当に本当に田舎にあって、私が小学校を卒業した二十数年前は全校生徒85人だったけど、今や11人。その半分は、福岡市内などから来ている山村留学生。1年生と2年生は、一人もいません。

あぁ、これだけ聞くと悲惨な感じがするけど、遊びに行ってみると、とっても賑やか。どこかの保育園(幼稚園?)と提携しているそうで、子ども達がいっぱい。保護者も地域の人もいっぱい。

小学生達は、大勢の前でも臆することなく、大きな声で堂々と楽しそうに、出し物を披露してくれました。
地域のおっちゃんおばちゃんは、明るく活き活きした変わらぬ笑顔で、冗談を交わしてくれました。

あぁ、なんて良い学校なんだろう。なんて良い地域なんだろう。

ここで育まれたんだな。ありがたや。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by t_hira16 | 2015-07-26 01:10 |

indigo

d0166197_0383287.jpg5月のこと。インドと台湾からゲストをお迎えしました。

ある日、友達から「インドの友人の友人で藍染めやってる人が、日本に来るんだけど、何か良い情報ないか?」と聞かれ、藍染めなら徳島が本場だ!と。徳島に来なくてどうする!と。

そしたら、彼らの日本ツアーメインが徳島になり、来る予定のなかった友達の友人も、情報を聞いてきた友達も我が家に大集合。国籍も言語も年齢も様々で、毎日こんなだといいなぁと思った。

4泊5日、工房や工場や大学、色んな方にお世話になり、本当に贅沢で実りの多い徳島藍染めツアー。日本人で一般人の私だけじゃ、絶対に入れない場所や聞けない話、楽しんだのは私の方かもしれない。

何より、なんだか狭い世界にいる自分に気づき、世界中に友人がいるじゃないか!と思った数日でした。

近々インドに行きたいなぁ。来年の終わりまでには。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by t_hira16 | 2015-07-25 00:58 |

田植えする。

d0166197_04940100.jpg田植え。の季節ですね。

2歳になったばかりの息子くんと共に、友人の管理する田んぼに行ってきました。

今年は、11枚の田んぼを3人で、地元の師匠を頼りに管理するそうで、田植えの手伝いには、若者がたくさん。
みんなで一列に並んで、そこに2歳も混ぜてもらって、息を合わせて稲を植えるのは、なんとも言えない連帯感と楽しさ。ちょっとしか手伝えなかったけど、あー満足。

この日から、靴をはきたがらない息子くん。。。笑

こうやって、きちんと地元に入って、地元の人も喜ぶ形で、若者の活躍があるというのは、とっても気持ちの良いことだなぁ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by t_hira16 | 2015-05-24 01:00 |

だって、大雪のお正月で家に缶詰めだったから。

d0166197_22325690.jpg新年始まりましたね。
実家でのお正月、お餅をいっぱい食べて、まん丸お腹を抱えている1月6日の私ですが、皆さんは、とっくに仕事も始まり、お正月気分もどこへやら、でしょうか。
(全然関係ないけども、たった今、小学生の頃、お餅を何個食べたかっていうのが、新学期の話題だった記憶がよみがえってきました。)

もはや、今年は201何年なのか。
平成にいたっては、一体いつの間に二十何年になったのか。。。
毎年言ってるけど、月日が経つのが早過ぎる。

さて、一昨日の夜、ふと、爆発したいなぁと思いまして。わたくし、今年は、爆発することにしたので、みなさんよろしく。

と言っても、危険人物になるって意味じゃないよ。いろいろ考えずに、おもしろ楽しいことズンズンやっていくぞ!って事よ。(他人に迷惑かけない程度に)自分本位に、自分と好きな人達と爆発していきたい。あぁ、今までもそうだったか。じゃあ、今年は大爆発だ!

※年末に親類に不幸があり、喪中葉書を出す間もないまま、年始の挨拶を失礼させていただきました。寒中お見舞いでご挨拶させてください〜。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by t_hira16 | 2015-01-06 23:05 |

ミーハーになっていないか

d0166197_2310541.jpg今日は朔旦冬至だというのに、19年に一度の日だというのに、カボチャも食べなかったし(ニンジンとレンコン食べたから、まぁいっか)、ゆず風呂にも入らなかった(ゆず用意してたのに、お風呂にいれるの忘れた。)。
ので、慌ててロウソクを灯して、せめて自分と向き合う時間を作ってみる。コーヒーとお菓子も食べちゃう。

もうすぐ新しい年が始まるなぁ。
今年は、子育て子育て、子育てな一年だったなぁ。
しんどい時期もあったけど、息子くんと「今日も楽しかったね。ありがとう。」って言って眠りにつける幸せな日々でした。良い出会いもたくさんあって、感謝感謝。

そして、今年の裏テーマは「ミーハーになっていないか」という自問自答。
とある友達に「ナチュラル系のファッションの人(私)って、何か信念があるの?フェアトレードとか?」と聞かれて(友達に悪気はないのよ。純粋な疑問だよ。)、私がモノを選ぶときに信念なんかないかもと、はっとして。。。
誰かが良いと言っていた、みんなが持っている、持っている自分が素敵な気がする、そんなミーハー根性でモノを選んでいないだろうか。情報に惑わされずに、本当に良いと思ったモノ、必要なモノを選んでいく力をつけなきゃなぁと反省。

とはいえ、来年は、ワクワクドキドキな新しい展開があるよ。
地に足つけて、楽しんでいこっと。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by t_hira16 | 2014-12-23 00:05 |

太陽の下で

d0166197_23344173.jpgここ最近、ぐーっと寒くなった。空気が澄んで、気持ちが良い。

1歳7ヶ月の息子くんと、毎日のように、外遊び。外にいると五感が研ぎ澄まされて、身体を使うと考えることから感じることに脳みそが移行していく。その感じがとても心地よくて、息子くんのおかげで外にいる日常に再会できて、とても嬉しい。

森のようちえんに前々から興味があって、近くにやってる人たちがいたら、ぜひ参加したいなぁ。と思いつつ、その出会いはまだないのだけど、毎週水曜日に友達と自主保育を始めたり、毎週火曜日を外遊びの日に制定して、その仲間がいてくれたり、ちょっとずつ思い描く子どもとの暮らしが近づいてきている。(どちらも、いつでも仲間大歓迎です。興味があったら、連絡してね。でも、顔見知り〜友達限定でお願いします。)

息子くんが、人にも自然にもたくさん触れて、のびのびと自分の力を発揮できますように。
いつも寄り添って、全力で信じて、温かく見守る母ちゃんでいたいと思います。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by t_hira16 | 2014-12-14 00:04 |