カテゴリ:色( 46 )

全く泣かないどころか、とっても楽しいらしい

d0166197_21574045.jpg週末に泊まりで出かけた。(アート展の打ち上げでした。)
息子くんが生まれて、今までも夜に出かけることはあったけど、初めて一晩中別々。行ってくるねってハグしてバイバイしたら、いってらっしゃいって笑顔で送り出してくれた。朝、急いで帰ったら、父ちゃんと楽しそうに散歩中だった。いつもの夜泣きもなかったらしい。

4月に入って、保育園にも行き始めた息子くん。全く泣かないどころか、とっても楽しいらしい。迎えに行くと、帰らないと言って、ひと遊び。

もうすぐ私達が親子になって2年。
私が、泣いたり、笑ったり、怒ったり、悩んだり、めまぐるしい日々を送っている内に、あっという間に息子くんは一人の人間になったんだなぁ。

私自身は、4姉妹の4番めということもあり、親との触れ合いがあまりなかった。家族の思い出もほとんどない。大きくなるにつれて、その事が私の中で辛い事になっていき、小学5年生に始まった反抗期が終わったのは、30歳くらい。(今は、両親にも家族にも大事にされていた実感がありますよ。)

それで、自分の子どもとはとことん向き合おう、とことん受け止めようと気合が入っておりました。良くも悪くも、この2年間、貫いてきたと思う。
これから先も、気合を入れたり、手を抜いたり、悩んだり、喜んだりしながら、手探りで進んでいくんだろうなぁ。だんだん熟した母ちゃんになっていきたいものです。

時には、イライラして大きい声を出すことも、手が出てしまったこともあるのだけど、息子くんは、
「ごめんね」って言って、よしよししてくれる。
あーんってご飯を食べさせてくれて、おいしい?って聞いてくれる。
母ちゃーんって、眩しい笑顔で駆け寄ってきてくれる。

こんなに小さくて、一人ではまだ出来る事の少ない存在が、何よりも心強い。愛そのものだと思うのです。毎日ありがとう。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by t_hira16 | 2015-04-13 23:20 |

1才ありがとう。

d0166197_9521011.jpg息子くん初めての誕生日でした。

1年前のその日は新月で、きっとこの日に生まれてくると思っていたら、時計の針が12時を回って5月10日になった途端、陣痛が始まったのでした。
生まれてきたのは夕方。外ではしとしと雨が降っていて、私の夫と母に見守られながら、そっとこの世に生を受けました。私は痛さに苦しんでわめいたし、大きい病院だったから医師も助産師さんもたくさんいたし、すぐに泣かなかったのでみんな慌てたけど、思い出すととても静かで穏やかな時間だった気がする。

息子くんが生まれて、今この瞬間を生きるようになりました。やりたいことも、やるべきことも、とりあえず後回しにして、ひたすら息子くんの傍にいます。じっと見て、欲することに応えていたら、彼自身の力で自然にのびのび心身ともに健やかに育ってくれると思う。

この一年、今までにない貴重な経験をたくさんさせてもらったなぁ。素直で愛にあふれる息子くんから幸せをたくさんいただきました。ありがとう。誕生日おめでとう。

いつだか友達が言った「子どもには愛してるということが伝わればそれでいいんじゃない?」という言葉と、母の「親が子どものためを思ってすることに、間違っていることなんかあるはずない」という言葉と、とあるカフェの店主さんの「思うようにできなかったことはたくさんあるけど、思うように子どもは育ってくれてるよ」という言葉。

私の子育てを楽にしてくれるこの3つの言葉にもありがとう。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by t_hira16 | 2014-05-12 10:24 |

遊んでない

d0166197_9524318.jpg母になって7ヶ月が経ちました。息子くんの成長は目覚ましく、ぐんぐん大きくなっております。7ヶ月にして、つかまり立ち。あんまり早く大きくなってほしくない、と思う私に対して、早くも反抗期でしょうか。

息子くんを見ていてふと思う。

赤ちゃんって全然遊んでない!
一日中、全身のトレーニングをしているじゃないか!五感も筋肉も、たゆまぬ努力で鍛えられているじゃないか!

それを「遊ぶ」と呼ぶのかもしれないけど、敬意を表して、我が家ではとりあえず「成長行動している」と呼ぶことにしました。

私もたゆまぬ努力しよ。。。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by t_hira16 | 2013-12-11 10:23 |

寒くなってきて、ハッとします。

d0166197_77865.jpg息子くんが生まれて半年。そして、今年もあと1ヶ月半。はっやいね〜。

半年記念に写真を撮ってもらいました。
本と雑貨uta no tane店主でもあり、紙モノ制作KIGI PRESSさんでもあるMちゃんに。

さすが、センスの良い人は、何やっても素敵にできちゃうんだなー。なんでもない私達親子3人が、CMに出てくる爽やか家族に見えるよ。本当にありがとう!!

最近考えていること。
生まれてすぐに立つ鹿やシマウマ、キリンの赤ちゃん。骨や筋肉は、胎内でいったいどんな風に鍛えられているのだろう。生まれて一年くらいでようやく歩く人間の赤ちゃんは、フワフワで生まれてくるのに、それでも生むのは大変。骨も筋肉もしっかりした赤ちゃんを生むのは、さぞかし大変だろうなぁ。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by t_hira16 | 2013-11-16 07:26 |

なんでもない日々のこと

d0166197_11132913.jpgついこの前産まれた息子くんは、ぐんぐん成長しております。
4ヶ月半にして、寝返りどころか回転するように動くこともできます。
←熟睡中。

最近の息子くんのブームは、どこまで高い声が出せるか挑戦することみたい。かすれるくらい高い声をキャーキャー出して楽しんでいます。その笑顔が、可愛いんだなぁ。

ただただ穏やかで、ただただ健やかに、ただただ楽しい毎日。
(寝不足だし、髪の毛抜けるし、体重落ちないけどね。)
子どもの成長は本当におもしろい。興味深いという意味でも、笑っちゃうという意味でも。

そして、子育てのイメージがネガティブ過ぎる!こんなに楽しいとは、誰も教えてくれなかった!って憤慨している。

産む前のイメージと産んでからの実感がこんなに違うのは、私だけ?そういえば、よく見渡してみたら、世のお父さんもお母さんも楽しそうにしてるよねー。私がマスコミに踊らされていたのかー。(もちろん大変な思いをしてる人も、大変な時期を過ごしてる人もいるんだろうけど。)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by t_hira16 | 2013-09-24 11:27 |

1ヶ月おめでとう

d0166197_17485858.jpg新しく家族になってくれた息子くん。産まれて1ヶ月が経ちました。
おっぱいを飲み、寝て、泣く、が全ての息子くんと共に、私も動物的生活にどっぷり浸かっております。育児しているというよりは、動物的生活をする仲間ができた、という感覚です。

産まれてくるまでは、自分の時間がなくなって、やりたい事をやれなくなるストレスばかり想像していたけど、この子のためなら、自分のやりたかった事ぜーんぶ諦めてもいいやって思う。(諦めないけどね)

抱いているだけで、こんなにも満ち足りた気持ちにしてくれるとは、知らなかったなー。子どもってすごい。

ただ、抱いている間、顔は割と暇なので、ボイストレーニングと小顔体操始めました。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by t_hira16 | 2013-06-12 18:24 |

甘夏の野性味

d0166197_18182860.jpg(ブログ書くの好きなのに、気付いたら1ヶ月近く更新してない!書きたい事はいっぱいあったはずなのに。。。)

数週間前のお話。愛媛でみかん栽培をしているかんまん部屋の家族が遊びに来てくれました。土と海と太陽の香りをまとって、たくさんのもぎたて甘夏とこぼれる笑顔と共に。この甘夏が、苦くて酸っぱくてちょっとだけ甘い、野性味あふれるびっくりなおいしさ。(色んな野菜が甘い方に向かっているけど、やっぱこうじゃなくっちゃね。)

2人の子ども達は、黒々した肌に真っ赤なほっぺで、大きな声で元気に走り回っていて、あ〜とってもいいなぁと思った。もらった甘夏と同じ。前に遊びに行った時に見た場所そのものに育っているのね。頼もしいね。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by t_hira16 | 2013-04-04 18:48 |

楽しげで素敵だったよ、荒井良二さん。

d0166197_991047.jpgギャーニー
ゴロニャーゴ
ロドリゲス
にくQ

←彼の名前です。

彼は、昨日、小豆島での荒井良二WSにて、大人26人で創った3.5mの「猫のようなもの」。


絵本作家の荒井さんだから、絵を描くのかなぁと思いながらの参加だったので、軽く想像を超えられ、まず脱帽。すんごい楽しかったし、お勉強にもなりました。

荒井さんとお友達になりたい。いつか対等に話ができるようになりたい。と夢見る私。。。

みんなが「猫のようなもの」を創っている間、荒井さんは、こんなことをして遊んでたよ。白い紙を動かすと、前を見たり、上を見たり、右を見たり、左を見たり、するんだって。
楽しそうやねぇ。素敵やねぇ。ポイントは、やっぱり少年の心なんやねぇ。

d0166197_93267.jpgd0166197_93994.jpgd0166197_925021.jpgd0166197_922113.jpg


↓最後、「ギャーニー・ゴロニャーゴ・ロドリゲス・にくQ」の名前を使って、物語の始まりを書きましょうというお題に書いた文章。えへ。。。

「ギャーニー・ゴロニャーゴ・ロドリゲス・にくQ」

ある晴れた朝、ギャーニー・ゴロニャーゴ・ロドリゲス・にくQは、お父さんのギューニー・ゴロニャーゴ・ロドリゲス・にくQとお母さんのギョーニー・ゴロニャーゴ・ロドリゲス・にくQと船に乗って旅に出ることにしました。・・・・・・

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by t_hira16 | 2012-08-20 10:16 |

夢とロマンと南国情緒。

d0166197_90481.jpgビーチでヨガ。そして、サーフィンデビュー!
の予定が、台風接近のため、初心者には厳しい高波。残念ながらの断念。

代わりに、行ってみたかった出羽島へ。どうも最近、あちこちで「出羽島」「出羽島」と名前を聞くし、海がキレイで、のんびりしていて、2月にハイビスカスの咲くなんとも魅力的な島らしい。キャッチコピーは「夢とロマンと南国情緒の島」。
ちなみに、「でわじま」でも「でばじま」でもなく、「てばじま」と読みますよ。おいしそうな方ですよ。

出羽島へは、徳島県の南にある牟岐町の港から船で約15分。人口約130人、面積約0.4平方キロメートルの小さい島。ちょっと小高い丘に上ったら、全住宅が視界に収まります。車は1台もありません(必要ないから)。

どこにいても波の音が聞こえ、海・空・植物が色鮮やかで、古い漁村の風景そのままの、美しく情緒のある島でした。何より魅力的だったのは、のんびりと親切によく喋る、おじいちゃん・おばあちゃん。最近、おじいちゃんか、おばあちゃんか、両方か、の友達が欲しかったので、次は友達を作りにゆっくり行ってみよ。勝手ながら、気が合うと思う。

そして、この出羽島で、来年2〜3月に何やらおもしろい事があるみたい。乞うご期待。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by t_hira16 | 2012-08-01 09:49 |

あわあい

d0166197_964429.jpg徳島といえば?

そうですね。
阿波踊り、渦潮、すだち、鳴門金時、ワカメ、阿波晩茶、半田素麺、鳴門鯛、レンコン、と色々ありますね。(他にもまだまだありますよ。)

実は「藍」も徳島。

徳島の藍は、阿波藍と呼ばれていて、藍染めそのものではなく、藍染めの染料になる「すくも」のことを指すのだそう。全国の藍染めの80%は、阿波藍で染められているって、びっくりです。

今、徳島では阿波藍アートプログラム開催中。全国の染師が阿波藍で染めた麻布が徳島に里帰り。
このたなびく麻布の中から好きなのを選んでバッジにしてもらえます。いくつかの会場を巡回していく間に、バッジ用に切り取られた穴がどんどん増えていくんだって。おもしろいなぁ。

d0166197_962474.jpg←このアートプログラムを担当しているローランド・リケッツさんの手。
藍の栽培も、すくも作りも、藍染めもやる爪は、藍色に染まっていました。キレイだった。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by t_hira16 | 2012-07-30 09:53 |