楽しげで素敵だったよ、荒井良二さん。

d0166197_991047.jpgギャーニー
ゴロニャーゴ
ロドリゲス
にくQ

←彼の名前です。

彼は、昨日、小豆島での荒井良二WSにて、大人26人で創った3.5mの「猫のようなもの」。


絵本作家の荒井さんだから、絵を描くのかなぁと思いながらの参加だったので、軽く想像を超えられ、まず脱帽。すんごい楽しかったし、お勉強にもなりました。

荒井さんとお友達になりたい。いつか対等に話ができるようになりたい。と夢見る私。。。

みんなが「猫のようなもの」を創っている間、荒井さんは、こんなことをして遊んでたよ。白い紙を動かすと、前を見たり、上を見たり、右を見たり、左を見たり、するんだって。
楽しそうやねぇ。素敵やねぇ。ポイントは、やっぱり少年の心なんやねぇ。

d0166197_93267.jpgd0166197_93994.jpgd0166197_925021.jpgd0166197_922113.jpg


↓最後、「ギャーニー・ゴロニャーゴ・ロドリゲス・にくQ」の名前を使って、物語の始まりを書きましょうというお題に書いた文章。えへ。。。

「ギャーニー・ゴロニャーゴ・ロドリゲス・にくQ」

ある晴れた朝、ギャーニー・ゴロニャーゴ・ロドリゲス・にくQは、お父さんのギューニー・ゴロニャーゴ・ロドリゲス・にくQとお母さんのギョーニー・ゴロニャーゴ・ロドリゲス・にくQと船に乗って旅に出ることにしました。・・・・・・

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
[PR]
by t_hira16 | 2012-08-20 10:16 |


<< ただの飲み会ではありません。う... 徳島の熱い夏。 >>